2012年7月15日日曜日

身体が凝らないようにする工夫

上記の写真は、夏でも売られているホッカイロです。
身体が凝ると、すぐにマッサージに頼ったり、非常に目が疲れてしまったりするので、
自分として、以下のような対策を考え、まとめました。

・ホッカイロをズボンの両ポケットに入れておき、足の太もも辺りを温めて血行を良くする。
・蒸しタオル(タオルを水に濡らして、レンジで20秒ほど)を用いて、目の周りの血行を良くする。
・ルルドマッサージクッションを用いて、どうしても手が届かないところをマッサージする。
・携帯電話で入力する際は、2タッチ入力を用いて、ブラインドタッチで入力を促進する。
・パソコンのショートカットキーをまんべんなく覚えて、利用する。
・アンメルツヨコヨコ(肩こりのための第三類医薬品)を塗る。
・寝るために枕の上に柔らかめのタオルをしいて、頭から神経を癒す。
・PCで操作している時の状態遷移時間に目をつむって少しでも目の神経を癒す。
・血行を良くするもの(ニラや梅干し)を食べて、血糖値が上がりそうなものを控える。