2012年4月3日火曜日

アカデミックポイントの提案

少し前に考えてたことを携帯電話にメモしていたのですが、それがまだ残っていたので、
ここに書き残しておこうと思いました。アカデミックポイントとは学生さんの生活を支える
ポイントの提案のことです。
今はmicrosoft社がアカデミック版の低価格なオフィスを提供したり、学割とか学校側が
特待生制度を導入しています。しかし、特待生制度については、特待生とその人以外の
落差が激しく、100人中1人の割合で全額免除といった偏差の激しい割引制度を導入して
います。そこで、誰もが平等になるくらいに学生という身分に限ってポイント制度を導入し、
例えば、TOEICで400点以上とったら400pt、文房具を購入したら10ptなどと、付加価値を
付けます。そして、それをいつでも授業料から差し引けるようにするというものです。
学生時代に自分以上に頑張っている人がそばにいて、どうしてこの人と授業料が同じ
のだろうかと少し憂鬱でした。それと、100人中1人に授業料免除となるともし外れた人は
相当な痛手でしょうし、そもそも学生時代はお金が無いのでそれでアルバイトをする人が
多いわけでそのために学業が疎かになると叫ぶなら、何らかの形で資金提供すれば、
アルバイトする必要もなく、勉強に集中して良い循環が出来上がるのではないでしょうか。
これをアカデミックポイントとして発行すれば将来かなり治安が良くなる気がします。
加えて、ポイントカードをクラウド化して欲しいなという感じがしました。以上です。