2012年3月24日土曜日

iPhoneアプリの開発

写真はApple社のiTunesからアプリや音楽をダウンロードするためのiTunesカードです。
以前、ブログの方で入力インターフェイスのアプリを開発する予定を立てたのですが、
結局誰かが開発しているだろうという他人任せの結論に終わったのでした。
しかし、フリック入力は標準で付いているようですが、ポケベル入力(2タッチ入力)の
アプリは色々探しましたが、見当たりませんでした。おかげで僕の携帯も今流行りの
スマートフォンではなく普通のガラケー(通常の携帯携帯のこと)なのです。
また、最近になってアプリの最低価格が115円から85円に値下がりして、上記写真の
iTunesカードも実際は1500円以下の値段で購入できました。Appleは好調なようです。
そこで、1つ開発したいアプリをC言語で実装したのですがこれを、アプリ化したいと
考えています。実際アプリ化するにはMacintoshかUNIXのPCでObjective-Cという、
言語に直さなければならないのですが、そんな環境は持ちあわせていないので、
もう少しアプリを見なおしてから再度検討という形にしようと思います。